特定非営利活動法人 NPO夢バンク

 NPO夢バンクは、自らの意思でさまざまな課題に取り組み、地域を豊かにしたいと活動する長野県内NPOの熱い思いを実現するために、立ち上げ資金や運営資金の融資、必要な人材の紹介、物資等の提供を行う総合的な支援バンクを目指します。  NPO夢バンクは、皆様からの出資をお受けするNPO夢バンク事業組合と、NPOや市民活動団体などに融資する特定非営利活動法人NPO夢バンクによって構成されています。


法人設立にかけた想い

 1995年に起きた阪神・淡路大震災。救援に駆けつけた人々は延べ200万人に及びました。未曾有の大災害に対して、「何かしなければ」という止むに止まれぬ気持ちが人々を動かしたのです。  私たちの住む社会には、このような大災害に限らず、さまざまな問題が横たわっています。たとえば福祉、環境、教育、文化、まちづくり…。  阪神・淡路大震災以後、これらの問題解決に、住民自らが止むに止まれぬ「想い」を持ち、主体的にかかわっていく時代が訪れたことを感じます。

NPO夢バンクの願い

 そういった社会の動きが、1998年「特定非営利活動促進法=NPO法」を成立させました。NPO活動に対する社会的な期待も高まり、現在、長野県では約700ものNPO法人が活動しています。そしてそれらのNPOは、社会に貢献したい、自分の住む地域で豊かに生きたい、という「願い」を持って活動を展開しています。  しかし新しいセクターであるNPOは、組織として存立していくには、まだまだ基盤がしっかりしていません。特に、立ち上げ時や運営面における資金不足が多くのNPOにかかわる「熱き想い」を持つ人々の「願い」を成就するためには、資金の支援がどうしても必要なのです。

社会との信頼

 NPO夢バンクの構想が生まれたのは、このような状況からでした。自分の身近にある問題に対し、自らが目を向け、解決を図ることによって、自立した市民社会ができあがります。NPO夢バンクはそういった「想い」と「願い」を持つNPOに、精一杯働いてもらうための種まきであり、それぞれのNPOが社会との信頼関係を作り上げるお手伝いをするものだと思います。  同時にそれは「借り手」と「貸し手」、あるいは出資者とNPO夢バンク・夢バンク事業組合との間の「信頼」を作り上げるものともなります。  また、NPO夢バンクは、お金だけのやりとりではなく。人的・物的な交流を構想しています。それらが協調してきたとき『生きがいが持てる地域創造』という夢が実現してくるはずです。  なにとぞNPO夢バンクにご注目いただき、出資など、積極的なご協力をお願い申し上げます。

▲ページの先頭へ